高年齢労働者に配慮した陸運業のための労働災害対策セミナー

 昨今、高年齢労働者の就労が一層進んでおり、60歳以上の労働災害も増加傾向にあります。この現状を受け、厚生労働省では、令和2年3月に「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」を策定しました。このセミナーでは、高年齢者の災害の現状、行動特性、災害事例などを紹介し、陸運業において高齢者の労働災害防止対策をどのように進めていくかを提案します。陸運業の労働災害で、墜落・転落に次いで多い災害は、トラック荷台等での荷崩れによるものとなっています。

①積み付け・固縛機器の取扱い
②荷締め機の不備による災害事例及びその対策
③荷役作業ガイドライン
④交通労働災害防止
についても解説します。

[申込書ダウンロード]

ダウンロード 申込書(A4版1枚)
内容 ① 高年齢労働者の労働災害防止対策について
  (交通労働災害防止、荷役作業ガイドライン含む)
② トラック荷台での積荷の安全、適切な固定・固縛作業について
日時 令和4年1月24日(月) 13:30~16:30
会場 三重県トラック会館 [〒514-8515 三重県津市桜橋3-53-11]
参加費用 無料
定員 50名(先着順)
申込方法 申込書を下記までFAXまたはご郵送下さい。

陸災防三重県支部
◆FAX:059-213-6554
◆郵送:〒514-8515
     三重県津市桜橋三丁目53-11

このページのトップへ